ケアファーム海外記事

ケアファームはどのような人に向いているか

画像引用元:“Depden care farm

ケアファームは、その親しみやすさから、多様な層の方々に対して効果が認められております。具体的には、幼児、少年少女、精神的問題や依存症を持つ人、認知症の高齢者、元受刑者や知的障害を持つ人等が挙げられます。 オランダの Plant Research International, Wageningen UR 社の Marjolein Elings 氏の研究結果では、このように異なるニーズを持った方々に対し、ケアファームがどのようなメリットを提供できるかを以下のように説明しております。

   

家庭内事情によりトラウマを持ち、一時的に家から救助しないといけないような幼児にとって、ケアファームは避難所としての機能を果たします。同研究によると、ケアファームという、自然に囲まれた静かな環境では、日々やること・期待されることがはっきりしているため、幼児の精神的な回復に必要な明るさ・安全性を感じさせることができます。

   

高齢者、特に認知症の人たちにもケアファームは有効的です。ケアファームという小規模な生活環境で過ごすことにより、責任感を持って自分の生活をコントロール出来ると同時に、安全且つ快適な生活を味わえます。ヨーロッパの BMC Geriatrics 誌に掲載された 2019 年の研究では、ケアファームで提供される、個人を尊重したケア方法が高齢者の方々から高い評価を受けていることが分かっております。

   

また、2007 年には Plant Research International 社が認知症の高齢者を含む、多様な方々が暮らすケアファームがもたらす効果を調査し、2009 年の Wageningen 大学の研究では、ケアファームで過ごす方と一般的な福祉施設にいる方の比較調査も行っております。 どちらの研究でも、ケアファームの方が栄養状態や体調における改善が見られ、多様性に富んだ活動や、他の人との接触が増えたことも判明しております。 また、最後に、ノルウェーでの研究結果によると、合計 227 人の認知症患者が過ごす 33 軒のケアファームを調査したところ、ケアファームは一般的な福祉施設と同レベルの暮らしや健康教育を提供できる上に、動物との接触や、ガーデニング等のアウトドア要素も味わうことが出来る施設である、と発表されております。

   

記事引用元:Dr. John La Puma

 

Language