ケアファーム海外記事

木造建設:エネルギー効率と環境に良い選択

画像引用元:“Photo credit:Timothy Hursley

都市緑地がこだわる「木造」。私たちが提案する木造建築のケアファームは、CO2排出削減を現実のものとする、環境問題で社会をリードする高齢者住宅です。米国森林基金(American Forest Foundation)の本記事には、建材としての木材の利点や優れたエネルギー効率、気候変動抑制といった環境への貢献度について、具体的な例とともに書かれています。

   

建物の木造化

今日では、「グリーン(環境に良い)」な建物を建てることは良いビジネスとされています。木材は建築材料として、すべての地域社会にとって重要となる多くの環境上の利点を提供しているほか、再生可能で持続可能な唯一の主要な建材でもあります。コンクリートやスチールと比較して、木材製品は建物のエネルギー効率を高め、製品の寿命を通じて消費されるエネルギーを最小限に抑えることができます。また、木材を使用することで、大気中に放出される炭素を抑制し、気候変動の緩和にも役立ちます。木は成長する過程で二酸化炭素を蓄えますが、収穫後も、木材製品は炭素の多くを蓄え続けます。これらの利点は、木材を再生利用して他の製品を製造する際にも活かされており、 木材はより良い建築材料だと言えます。

   

木造の優位性

木材は、温室効果ガスの排出、大気汚染、水質汚染、その他の影響の点で、環境にとっ ても優れています。スチールとコンクリートは木材に比べてエネルギー消費量がそれぞれ12%、20%多く、温室効果ガスの排出量も15%、29%多くなっています。また、大気中への汚染物質の排出量はそれぞれ10%、12%多く、水質汚染物質の排出量はスチールが300%、コンクリートは225%も多くなります。
ライフサイクルアセスメント(LCA)によると、木材は他の構造建築製品に比べて、成長、収穫、輸送、製造、建設のライフサイクル全体でエネルギー消費量を削減することができます。
木材はエネルギー効率を向上させるだけでなく、 断熱材としても優れています。これは、木材が細胞構造をしているために内部にエアポケットができ、熱の伝導を遅らせるためです。
ほかの利点としては、木材製品は炭素を蓄えることができるため、気候変動の緩和に貢献すると同時に、大量の化石燃料を必要とする材料の代替品となる点です。 木材を使用することで森林を持続的に維持し、森林所有者が継続して森林管理を続けるための費用を確保できるようにすることで、炭素貯蔵の可能性を高めることにもつながります。

   

- 例 -

コンクリートの代わりに、キルン乾燥したウッドスタッド(木製間柱)と配向性ストランドボード(OSB)の下地、バイナル(樹脂系)サイディングを使用して外壁にスタッコ塗装を施した場合、壁面積1平方フィート当たり15ポンド分の二酸化炭素(CO2)排出量を抑制することができます。
また、鉄骨根太とOSB下床の代わりに、エンジニアードウッドのI字根太とOSB下床を使用することで、床面積1平方フィート当たり22ポンドのCO2排出量を削減することができました。

   

- ケーススタディ -

アーカンソー州で初めて木材を積極的に利用した学校の一つであるエルドラド・ハイスクールは、15万3,265立方フィートの木材、パネル、人工木材を使用して建設されました。

スチールやコンクリートのような化石燃料を多く消費する材料の代わりに木材を使用することで、建物の設計者は7,780トンの炭素排出量を回避しました。これは、2,100台分の車を1年間道路から排除することで回避できる排出量、もしくは、一戸建て住宅から発生する炭素量の970年分に相当します。

記事引用元:American Forest Foundation

 

Language