ケアファーム海外記事

老年学セラピーガーデンにおける文章のプラスの効果

画像引用元:“Effets positifs des écrits dans le jardin thérapeutique en gérontologie

認知症高齢者に庭を提供する効用のサイトです。
ケアファームとガーデンは密接な関係があります。

興味深いのは、庭に文章を記入した看板を設置しその効用について解説している点です。

ちょっと哲学的に素敵な文章のサイトの主催者 Estelle Alquierさんは、Les Jardins de l'Humanitéの運営もされており、その思想は森林セラピーの第一人者・日本医科大学の李卿医師の影響を受け、さらに宮崎駿監督の自然における人間の居場所を考える作品に感銘を受けているとのことでした。

   

第3回セラピーガーデン国際シンポジウム報告要旨

この試みは設計段階より、ビアリッツにあるアルツハイマーケアユニット周辺のセラピーガーデンで行われています。この庭はEHPAD入居者が全員利用できるものです。触覚と嗅覚の散歩道、小さな砂丘の再現、四季折々の色の小道、噴水、レイズドベッド、レイズドベッド菜園、味覚の庭、鶏小屋、禅庭、運動技能コース、自然主義的な金属彫刻などがあります。このプロセスの目的は、人々に読書の機会を与え、教養を高め、身近な物に名前を付け、記憶を呼び覚まし、ポジティブな感情を喚起することや、コミュニケーションを促進し、庭をよく訪れる人々に知識の支援をもたらすことにあります。

   

I 文章の多様性

遊歩道には150近くの看板が並んでおり、その種類はいくつかあります。

・主な「(古くからある品種や地域の品種を含む)記憶の植物」の一般的な通称。特定の看板はまた、集団の歴史と地域の歴史、そしておそらく個人の歴史を呼び起こすための機会となっています。

・示唆に富み、落ち着きのある作品の引用や詩は、主に老人ホームの高齢者の状態を呼び起こします(「図書館と庭があれば、あなたに必要なものはすべて揃っている。」キケロ、「バラを見れば、私は平穏である。」 V. Hugo) ・フランス語に翻訳されたバスク語の格言。バスク語は多くの入居者の母国語です。
・鼻歌を歌い歌詞を思い出すことを促進する、流行歌からの抜粋。
・時間や季節を感じさせる人気のある格言やことわざ。庭の片隅にある花言葉の立札、子供時代に流行したテーマ。

長文のものは、ベンチや休憩所の近くに置いています。
文章はすべて、庭とより広義の自然に関連したものです。

   

II 文章の選択

特に「地域」の文章に関しては、多くの準備作業が必要でした。

・入居者や周囲の人々との話し合いで、入居者の歴史や出自を知ること。
・地域や集団の歴史を掘り下げること。例えば、アジサイはビアリッツの象徴的な人物(「皇后ウジェニー」)を連想させ、バラの看板の日付は集団の記憶に定着した出来事を連想させます(1936年に人気のバラ「マリア・リサ」を手に入れました)
・名前だけでなく植物自体が思い出を呼び起こすことができるように、野菜の品種で古くからある地域のもの(アトゥリ青唐辛子、サパラトマト)を探すこと。
・現代バスク語のことわざの中から、入居者の時代に即したものを探すこと。

植栽は入居者の前で、時には一緒に行われたため、いくつかの「記憶の植物」については、地域で使われる通称に触れることができました。また、入居者が雨の日に口にした言葉にも触発されました(「サン・メダールに雨が降ったら、バルナベが足元の草を刈らない限り、40日後まで雨が降る」)

文字はスレートに刻まれたり、地面に挿した金属の棒や庭の構造物、特にフェンスに取り付けられたりしています。予算がより潤沢な場合は、専門の印刷店で直接作られた、より耐久性のある素材を選ぶことが可能です。耐久性は上がりますが、「プライベートガーデン」の側面は失われてしまいます。最後に、誰もが読めるようにフォントサイズは大きくする必要があります。

   

III 庭を訪れる人々に見られる利点

読むという行為

庭に文章があることで、大部分の入居者は読む意欲を呼び起こし、この行為に関連する対話的な精神的プロセスが刺激されます。つまり情報を、取得する(目で言葉を解読する)、処理する(言葉を識別し、植物、記憶、想像力、感情などの非言語的要素と関連付ける)、保存して統合する(要求された短期記憶、更には長期記憶に作用する)、評価する(感情的、知的な反応による)ということです。それはつまり、本物の認知刺激です。特筆すべきは、多くのアルツハイマー病患者では、読む能力と読んだものを理解する能力が長期間活動し続けており、すぐに忘れたとしても、読んだことに関連する気分の良さは、しばらく持続するということです。

心強い存在感

文章があることで、自分の以前の知識に疑問を持っている入居者が安心するということが見られました。植物の名前があるお陰で、ハーブティーの植物を間違える恐れもなく摘むことができたために、私にお礼を言いに来てくれた居住者の例もあります。/br>
示唆に富む肯定的な文章

高齢者が自分の状態を想起するようなこのような文章は、一部の例外を除き、明確な反応を引き出しませんでした。しかし、内面の知的・精神的な経験を、それを評価できないまま引き起こすことができました。

公園に一度も出掛けたことのなかった女性が、バスク語のことわざを読んで大声で笑い出すなど、感情的な反応が見られました。女性はそれ以来、定期的に庭を訪れるようになりました(「幸せになりたければ、鳥と一緒に起き、鶏と一緒に眠れ」)

記憶する努力の促進

また、人気のあることわざや植物の名前に対する人々の反応で分かるように、文章は記憶する努力を促します。庭で文章を読むという行為は、自発的な行為であり、個人的な経験の原点であることは明白です。ある車椅子の入居者は、前回の訪問時にまだ読んでいない文章を読むため、付き添いの人に回り道をするよう頼みました。この読むという行為は、選択の結果であり、おそらく計画されていたものです。またある人は、植物の名前を見ることを控え、葉の匂いを嗅いで、後から名前を確認していました。同じように、人々は時々、特に気に入っている植物の名前を思い出そうとします。そうすることで、自発的に学習者の立場に身を置き、自然と記憶を刺激するのです。

コミュニケーション支援としての文章

このような感情的・認知的な経験が見られたことは、最初は個人的なものでしたが、後に社会的なものになることもありました。植物に関する文章や名前は、一様に議論の出発点やコミュニケーションの糸口となります。禅庭から戻ったカントゥ(有益な職業から来る自然活動センター)の入居者が、人参を蒔いているグループのところに戻り、「「図書館と庭があれば、あなたに必要なものはすべて揃っている」って知っているかい」とはっきり述べる例もあります。また文章は、付き添いの人にとっても、よりよい形で庭を共にし、案内するために、庭をよりよく使いこなす助けとなります。

セラピーガーデンに文章が存在することにより、感覚や認知を刺激する資質や、社会化の機能が強化されます。また、知識の源であり、信頼感と安心感、やりがいを与える役割も果たしています。庭は自然と文化の場であり、言葉は、あらゆる感情や知識を呼び起こすことができるもので、芸術作品と同じように、庭は言葉にふさわしい場所です。

「私は庭で、素晴らしく魅力的な午後を過ごしています。周りにいるすべてを見ながら。年を重ねるにつれて、すべてが消え去っていくように感じ、すべてをより情熱的に愛するようになっています」Emile Zola.

記事引用元:Effets positifs des écrits dans le jardin thérapeutique en gérontologie

 

Language