ケアファーム論文

認知症患者がケアファームに参加することによる潜在的な治療効果 1

画像引用元:“zhaw

Ms. Lori La Bey 創設の Alzheimer's Speaks Blog による、
  エイロン・キャスピ博士による認知症患者がケアファームに参加することによる潜在的な治療効果その1です。

   

エイロン・キャスピ博士

ケアファーミングは、農業生産と健康および社会サービスを組み合わせたものです(ディ・イアーコヴォ氏・オコナー氏)。ケアファームは、オランダや他のヨーロッパ諸国では目新しく、急速に成長しており、かなり多様な分野です。特に、様々な障害を持つ利用者に、デイケア、支援のある職場、住居を提供しています。

認知症フレンドリーなケアファームで、様々な活動や作業に定期的に参加することにより、認知症患者は、健康的、機能的、心理的、社会的、精神的に、多くの恩恵を受けることができるかもしれません。

ケアファームのユニークな点は、潜在的な治療効果の多くを同時に継続的に実現できることです。言い換えれば、ケアファームの多様性と自然に統合された資質の組み合わせこそが、認知症の参加者の幸福や健康を促進するのに効果的なのです。これは、認知症患者が生活する多くの従来のケア環境(自宅または長期介護施設)や孤立した活動とは対照的に、通常、比較的少数の恩恵を一度に実現することができます(もちろん、アメリカのエデン・オルタナティブのグリーンハウス・モデルやオーストラリアのアーケア・ヘレンズベールなど、認知症患者を対象とした啓蒙的な個人向けケアモデルのような例外もあります)

認知症患者がケアファームに参加することによる治療効果の例として、以下のようなものがあります。

   

1. 屋外に出て自然とのつながりを維持することによる様々な健康上の治療効果

(例えば、自然の太陽光は、睡眠覚醒サイクルやビタミンDの生成を調整するのに役立ちます。感情的な幸福と回復を強化します。気分を落ち着かせる機会が得られます。花や鳥、太陽、風をただ楽しむことができます。身体的なリラクゼーションができます。気分を改善します。抑うつ的な感情を緩和します)さらに、認知症のある時期になると、多くの人々が大幅な体重減少や脱水症状に陥る危険性があります。ケアファームに定期的に参加することで、食事や水分の摂取量を改善することができます。

ここで注意しなければならないのは、農場における「自然」とは、自然保護区(自然林や野生の自然など)よりも広い意味で定義されているということです。具体的には、特に、農地、生産林、都市部の緑地、裏庭が含まれる場合があります。また、屋外にいることによる効果の一部を実現するために、ケアファームにいる認知症患者は、屋内から自然を眺めるだけでも良いのです。ケアファームでは、多くの有意義な農場や家庭の活動や作業を屋内で行うことができます。この特性は、一般的には、非常に寒い日や暑い日など、屋外に長時間いることを避けなければならない場合に有益だと考えられています。

   

2. 身体活動

ケアファームでの作業は、自然発生的な身体活動の機会を多く提供します。これには特に、納屋までの歩行、家事(食事の準備など)、落ち葉かき、工芸(フェンスの研磨や塗装)、園芸、植え付け、果物や野菜の収穫、農場の動物(牛、馬、豚、鶏、山羊、犬、猫など)の世話が含まれます。

   

3. 多感覚刺激

農場の固有の特性と、多くの農場で提供される多種多様な活動により、認知症患者は五感(嗅覚、味覚、触覚、聴覚、視覚)のすべてを使うことができるようになります。自然の中にいることで、五感を使うための機会が、頻繁で自発的に(「有機的に」)得られます。認知症患者、特に中・後期の人々の多くは、(自宅でも介護施設でも)十分な多感覚刺激を受けられないことが多いため、このようなケアファームの特性は重要です。

4. ケアファームでの様々な作業

これは認知症患者に「自分は社会に必要とされている」「役に立っている」「貢献している」という感覚を与えることができます。生産的で、人の役に立っていることを実感します。大部分の介護施設や地域社会で多くの認知症患者が経験する退屈の悪循環を断ち切ることができます。(長期介護施設でよくある、人工的な状況を作らずに)実生活での経験や活動に真の目的や意味を持つことです。朝起きる十分な理由を持つことです!

記事引用元:Alzheimer's Speaks Blog

 

Language