世界のケアファーム

オランダで介護を提供するケアファームによるデイサービス

画像引用元:“Depden Care Farm

オランダでは、認知症を含む要介護者のためのデイケアセンターの代替施設として、ケアファームがデイサービス施設として広く利用されています。小規模で家庭的な環境を目指した新しいケアコンセプトを提供することを目的としています。この記事は、その例の紹介です。

   

介護は、通常6~8人の入居者で構成された小規模なユニットで行われ、個人的なケアと日常生活が統合されています。 介護スタッフは、調理、掃除、ガーデニングなどの作業を入居者と一緒に行います。このような心理社会的ケアの考え方は、入所前の生活を可能な限り継続できるようにし、人を中心としたケアと生活の質を向上させることを目的としています。また、入居者の自主性を可能な限り支援し、自分で選択できるようにし、社会的な交流や活動への参加を促します。

   

「ケアファーミング_DePort2」研究によると、活動に参加することで認知症の人は他の人とつながりを持つことができ、生活の質の向上につながることが示されています。また、社会的関係や物理的環境との相互作用など、認知症の人の日常生活に関連する他の側面も生活の質に影響を与える可能性があります。

   

「デ・ポート」は、精神的、身体的な障がいを抱えた住民を受け入れているグリーンケア農場の一例です: http://deport.nl/ (オランダ語で「デ・ポート」を紹介するビデオが掲載されています)。
農法の治療的利用を促進する農場もヨーロッパ各地で開発されていますが、例えばイギリスでは、必ずしも高齢者を対象にしているわけではありません

   

記事引用元:Care farms provide nursing home care in the Netherlands

 

Language