記事, 世界のケアファーム

英国ビートルバンク・ソーシャルファームのケアファーミング

画像引用元:“ Social Farms & Gardens

英国ビートルバンク・ソーシャルファームのケアファーミングの取り組みを紹介しています。このファームは、認知症ケアの分野で修士号を取得しているジャスティンが、認知症の方々に向けて設立しました。認知症ケアに成功している数少ないケアファームの一つです。1度に4、5人の利用者を対象とした小規模なファームで、動物への餌やりや皮剥ぎを行っています。利用者に最初に「ライフヒストリーフォーム」を記入してもらうことで利用者に適した作業を把握しています。農場の提供者からは多くの作業を行うことを期待されがちですが、ジャスティンはその期待に応えるよりも、その日を利用者にとってできるだけ楽しいものにすることを目指しています。介護部門はリスクを嫌う傾向が強いですが、利用者に楽しんでもらうために、他の人と協力しながら真剣に、かつ積極的にリスクをとり、クリエイティブな活動を提供することが望ましいとジャスティンは考えています。

ビートルバンク・ソーシャルファーム
ノースヨークシャー

 

重要な事実

ヨークのビートルバンク・ソーシャルファームは、認知症ケアの仕事と教育訓練を受けたジャスティン・マッツォッタによって設立され、運営されています。ビートルバンクは、認知症の方のケアに成功している数少ないケアファームの一つです。

 

設立までの流れ

ジャスティンは認知症ケアの分野で数年の経験を持っています。「この業界は過小評価されている業界です。認知症とともに生きる人々のためのサービスは、多くの場合、屋内で行われています。私は、利用できるサービスの範囲を広げ、高齢者の生活の質を向上させたいと思っていました。」これが彼の出発点であり、数年前、彼は文字通り、一緒に働ける農家を探しに地元の家畜市場に出かけました。「私が話を聞いた農家の多くは良いアイデアだと思っていました。しかし、農場には固有のリスクがあるためにかれらは受け入れてくれませんでした。」それでも、不屈の精神で競売人に話を聞くと、彼女は一般の人たちと取引をしている数軒の農家の名前を彼に教えてくれました。その中の一人がアンジェラ・セリーノで、今ではジャスティンと18ヶ月も一緒に仕事をしています。

 

私たちの活動

このソーシャルファームは、一緒に働いてきたサービス利用者グループである認知症の人たちのためのものです。ジャスティンがこの分野の修士号を取得したことも理由の一つです。週に1日(火曜日)、一度に4、5人程度の人たちが活動しています。比較的力仕事が多いため、これまでは男性を中心に利用者を集めてきました。運営能力は、事業の可能性と運営上の必要性のバランスです。理想的な比率は、クライアント5人に対してスタッフ1人ですが、最近までジャスティンには手伝ってくれるボランティアがいませんでした。ケアファームは一般的に、豚、ポニー、牛、ラマ、羊などの大きな動物を扱う傾向がありますが、アンジェラの30エーカーの混合農場にはたくさんの小動物(モルモット、ウサギ、羊など)が飼われています。それらの小動物は主に親や幼い子供たちが「撫でる」ために訪れます。
サービス利用者が最初に到着すると、利用者とその家族は「ライフヒストリーフォーム」に記入します。「これは、利用者の興味のあることを教えてくれますし、利用者が関わってみたいと思うようなことも分かります。」と彼は言います。動物たちに餌を与えたり、皮を剥いだりする作業が特に人気があることは、いくつかの理由から証明されています。農家が必要としている仕事であると同時に、サービス利用者が役に立っていると感じ、全体的に楽しんでいるからです。日常的な仕事として、サービス利用者は何が起きているのか、何をすべきなのかを知ることができます。
ビートルバンク・ソーシャル・ファームへの来所料は1日50ポンドです。小規模な運営であるため、これ以上安くするのは難しいのですが、彼らが得られる経験の価値を考えれば、正当な額であるとしています。サービス利用者のための資金は、地方自治体から供給される個人予算と自己資金で賄われています。

 

課題と実績

地元の利害関係者はこのサービスを知っているが、特にスタッフの離職率が高い中で、サービス利用者にとっての潜在的なメリットを理解し、必要な予算を持っている人を見つけるのは簡単ではない、とジャスティンは言います。「ソーシャルファームの価値、特に認知症の初期から中期の人々にとっての価値を理解していない人もいると思います。認知症の人がデイケアに入ることはよくありますが、それは家族の介護者やパートナーが休息を必要としている時であって、認知症の人のためになる時ではありません」と彼は強調します。
もう一つの課題は、サービス利用者がどれだけのことができるかと、農家のアンジェラの期待とのバランスをとることでした。「最終的には、できるだけ多くの仕事をするのではなく、その日を利用者にとってできるだけ楽しいものにすることを目指しています」とジャスティンは言います。しかし、このような運営上の課題に対しては、ボランティアとして自分の時間を割いて上司として相談にのってくれるシニア作業療法士にジャスティンは非常に感謝しています。介護農業を考えている人に伝えたいのですが、ジャスティンは、Care Farming UK(現在のSocial Farms & Gardens)が運営する2日間のコースに参加したことで得た後押しを称賛しています。ただ、それはほんの始まりにすぎませんでした。
認知症のための介護農業は非常に高度な技術を必要とする分野であり、彼が上に立つために必要なことは他にもたくさんあります。彼はまた、人々が創造的になり、積極的にリスクを取るように促しています。「介護部門はリスクを嫌う傾向が強く、認知症の人たちへのサービスを屋内で提供しようと考える傾向があります」と彼は言う。「思い切ってやれ。ただ、真剣に、他の人と一緒に。そうすることでお互いに支え合うことができます」と彼は締めくくっています。

私たちについてのコメント

認知症と一緒に生活しているサービス利用者は、ソーシャルファームに来るのが好きな理由について話しています。
「僕はソーシャルファームが大好きです。それがここに来るのが好きな理由です。ここに来れば、自分が何をしているのかが分かるから。」
アンディ

「少人数で協力して仕事をできます」
ブライアン

「ある意味では私たちは非常にラッキーです。あれこれいろんなことができますから。」
ピーター

「活動的になれて、いつもやることがあるのが好きです」
キース

「ジョンが幸せで人生を楽しんでいることを知ることができ、私に介護から離れる時間ができたので、ストレスが少なくなりました。彼はケアファームが大好きです。外に出て、役に立つと見られることはとても貴重なことです。」
シルビア

記事引用元:Social Farms & Gardens

コメントする

*
*
* (公開されません)

Language