記事, ケアファーム論文

世界的およびアメリカの農村における動物支援ケア農業の利点と可能性のレビュ-

画像引用元:“Depden Care Farm

今回、ケアファームにおいて重要な役割を持つ動物たちや植物がもたらす素晴らしい効果について、ある論文の一部抜粋を通じて紹介していきます。

この論文から抜粋する内容では、乗馬療法、家畜介在療法、園芸療法の3種類に焦点を当てて、それらがどのようなものかを具体的に説明するとともに、どのような効果をもたらすかを他の論文を引用しつつ紹介しています。
このような動物や植物を取り入れたケアはグリーンケアと呼ばれており、この論文だけでなく世界中の様々な研究機関で活発に研究されています。

昨今、地域コミュニティの縮小やメンタルヘルスの問題が取り沙汰される現代において、このグリーンケアは今後より注目されていく分野といえるでしょう。

本論文の最後に、著者の住むアメリカ田舎町においてメンタルヘルスの問題が顕在することを述べるとともに、コミュニティベースのケアファームがそれらを解決する可能性があることにも言及しています。
ケアファームで農作物を育て、それらを地域の人々が買いに来る。
まさにアウトレットのようなものになるという面白い見方もされています。

 

乗馬療法、家畜介在療法、および園芸療法

グリーンケアは、動物や自然に関わるあらゆる介在に使われる広義な用語ですが、この論文で一部の介在療法に焦点を当てています。
まず乗馬療法は、しばしばヒポセラピー(または他の多くの名前)と呼ばれ、最も広く研究されており、子供や青年のケアによく利用されます。
家畜介在療法は、個人に治療上の効果をもたらすために、牛、山羊、鶏などを含む多数の動物の世話やふれあいを含んでいます。
園芸療法では植物の世話がその方法となります。
これらの3つの療法について、心理的、教育的、および身体的な問題を支援する上でのそれぞれの役割の観点から説明していきます。
つまり、3つの療法の簡単な概要をこの章で解説していくことになります。
下記で述べる3つの療法の説明では療法的な観点で重複があることに留意してください。

 

乗馬療法

馬を含む治療法は、子供や青年の健康的な感情的、社会的、行動的機能を発達させるために重要であることが明らかになっています。
農場の動物補助療法の一部と見なされることもありますが、馬は食用動物ではなくコンパニオンアニマルとして認識されているため、別のカテゴリとして含められると主張されているようです。
グリーンケアの一部としてこの療法では、治療を担当するチームは4つの方法を実施することができます。
(1)馬支援心理療法(EAP)、(2)馬支援学習(EAL)、(3)馬を利用した心理療法(EFP)、(4)馬を利用した学習(EFL)。
4つの方法はすべて、馬をセラピストの協力者として、さまざまな手段もしくは特定の治療の目的として利用します(Lee他、2016)[4]。
馬の治療的使用ははるかに広範囲に分類されて研究されてきています、なのでカテゴリーとして同じに分類される山羊などを使った家畜介在療法とは分けて、乗馬療法として紹介しています。

馬支援成長学習協会(EAGALA)は、馬を対象とした2つの治療法を開発しました。
馬支援心理療法(EAP)には、馬を扱う訓練を受けた個人と、ソーシャルワーカーや心理学者などのメンタルヘルス専門家がメンバーとして参加します。
このタイプの療法は、馬に乗せずに、自己自信や自己効力感の構築に取り組むための協力者として馬を利用します。馬支援学習(EAL)は、同じメンバーでかつ乗馬なしでの活動となります。
ただし、目標は家族や友人に感情や欲望を明確に表現する方法を学ぶなど、治療ではなく学習的な側面が強いです。
これらの治療法はしばしば同時に適用され、自己表現やコミュニケーションスキルなどの学習目標と治療目標の両方の達成に利用されます。(Lee他、2016)[4]

パスインターナショナルは治療方法論の一部として馬に乗せるという要素を含んだ2つの療法を開発しました。
馬関連学習(EFL)の目的は学習に関連しているため、メンタルヘルスの専門家は必要ありません。
ただし、この方法には通常、乗馬やジャンプなどの活動が含まれるため、チームメンバーは乗馬指導に関連する資格が必要です。
馬を利用した心理療法(EFP)は、心理療法士が関与し、クライアントと協力して治療目標に取り組むという点でEAPに似ています。ただし、これには乗馬活動が含まれます。(Lee、2016)[7]。

 

家畜介在療法

ここでは、農場の動物の介在療法もしくは、しばしば農業療法と組み合わせて議論がされます。
ケアファーミングは、動物が住む商業用の農場と見なされているため、ここでの議論の内容と重複する場合もあります(Haubenhofer他、2010)[1]。
精神的、身体的、または教育的な問題を持つ人々の幸福を促進するために、農場の動物とふれあい、世話をすることが農場の家畜介在療法です。
動物とのふれあいと動物の世話を伴う療法は、大人と子供両方のうつ病と不安、自己効力感、およびその他の健康面を改善することが実証されています(Mallon、1994[8]; Pedersen、Martinsen、Berget、およびBraastad、2012[9]; Pedersen、Nordaunet、Martinsen、Berget、およびBraastad、2011[10]; Scholl他、2008[11])

家畜介在療法と農場療法は特定の目標があるということ、患者とセラピストとの仲介役に動物がいるということやより一般的で患者主体の活動になるという点で共通しています(Haubenhoferら、2010)[1] 。
以前に説明したように、乗馬療法はしばしば複雑でより緻密な計画が必要となる可能性がありますが、山羊を利用した家畜介在療法は後に紹介する研究のように、そこまで複雑にならない可能性があります(Scholl他、2008)[11]。
家畜介在療法が計画的なプログラムであるにしろ自然発生的なものであるかにかかわらず、目的は、特定の治療、教育、動機付け、または社会的欲求さえも促進することです(Haubenhofer他、2010)[1] 。

 

園芸療法

ここでも、特定のグリーンケア療法として説明してきた多くの方法と同様に、園芸療法は前者の2つの方法と組み合わせても活用できます。
園芸療法、または園芸セラピーは、植物を道具として使用し、患者が正常な生活に重要な技術を取り戻したり、習得したりするのを助けることができます。
このタイプの療法は記憶力、バランス力、協調力、注意力および問題解決力を改善するという目標を持っているため、認知療法または作業療法の分野であると考えることができます。
植物の持つストレス軽減、リラクゼーションや非脅威的なオーラが精神および身体面へ良い方向に影響を及ぼすことが、成功例として取り上げ続けられている所以です(Haubenhofer他、2010)[1] 。

園芸療法、社会的園芸療法(STH)の分野は、その非社会的な半面に反して方法論的に大きく異なります。
認知的または身体的プロセスを強化するという特定の目標ではなく、園芸療法の分野は全般的な健康の全体的な向上を推進します。
STHの目標は、社交的な環境で園芸活動を通じた社会活動を行えるコミュニティベースの集団を提供することです。
社会的園芸療法は英国で大きな存在感を示しており、これらのサービスを利用している個人の90%がメンタルヘルスの問題または学習障害を抱えています(Haubenhofer他、2010)

 

アメリカ農村部における地域精神保健ケアの必要性

確かに、グリーンケアやケアファーミングを行うことができる農場は無数にありますが、農村コミュニティのニーズに対応できるほどあるとは思えません。
アメリカ心理学会によると(農村地域の精神的および行動的健康の必要性[26])、米国の農村地域に住む人々の60%は、メンタルヘルスの専門家が不足している地域に住んでいます。
彼らは、たとえ主治医が利用可能であっても、潜在的な問題を適切に治療および診断するために必要なトレーニングを受けておらず、効果のない治療につながる可能性があると主張しています。
農村地域ではメンタルヘルスケア不足が蔓延しているため、コミュニティケア農業の実践を発展させることは農村地域に住むアメリカ人のメンタルヘルスにとって有益である可能性があります。
計画的なプログラムを立ち上げれば、農場の全体的な生産向上にも役立ち、農家とそれらを訪問するボランティアとして参加した患者の間に共生的で相互的な関係を作り出すことができます。

4600万人のアメリカ人、つまり15%は、指定された都市部のアメリカ人の85%よりも、心臓病、癌、意図しない傷害、慢性下気道疾患、脳卒中のリスクが高い田舎に住んでいます。
田舎のアメリカ人は貧困率が高く、都会のアメリカ人よりも座りがちな生活を送る傾向があります。
肥満や喫煙率が高いことに加えて、農村地域に住む人々は健康保険や適切な医療を受けていない可能性が高くなります。
CDCはがんや血圧のスクリーニング、食事、運動、オピオイド鎮痛剤の処方数の減少を通じて健康的なライフスタイルを促進し、最終的に個人に喫煙をやめるように促すなど、これらの集団の死亡リスクを高めるためのさまざまな施策を推奨しています。(2017年にリスクが高いアメリカの田舎人)[27]。

伝統的な西洋医学でこれらの問題を解決できるように思えるかもしれませんが、そうではないようです。
アメリカの農村部で有効なグリーンケアは、コミュニティガーデンで農作物を育て、家族に持ち帰ることができるようにするコミュニティベースの取り組みである可能性があります。
タバコまたは他の多くの結果の中で他の物質の使用。コミュニティベースのケアファーミングは、職業として農業に従事していないアメリカ人の田園地帯に新しくて刺激的なアウトレットを提供し、全米でより健康的な田舎のコミュニティを作ることができるかもしれません。

記事引用元:MDPI

コメントする

*
*
* (公開されません)

Language