記事, ケアファーム海外記事

エコセラピーを知っていますか

画像引用元:“pixabay

エコセラピーに関するフランズの記事です。
英語では、ハワード・クラインベル氏の本「エコセラピー:自分自身を癒す、地球を癒す」(1996年)をお勧めします。氏はおそらく「エコセラピー」という言葉を初めて使用し、この方法の最初の基礎を築きました。

 

最近の研究では、

自然の中を散歩すると気分が良くなり、自信がつくことが確認されています。例えばショッピングモールを歩くよりもずっと良いのです。エセックス大学(イギリス)の研究者達は、うつ病に悩む人達が田舎とショッピングモールで30分歩いた場合の効果を比較しました。

自然の中を散歩した人の71%はうつ病レベルが低下し、90%は自信が高まることが証明されました。一方、ショッピングモールを歩いた人でうつ病レベルが低下したのはわずか45%だったのに対し、22%はうつ病レベル上昇、50%は緊張感増加、44%は自尊心低下を報告しました。研究によると、自然と運動を組み合わせることでより良い効果が得られます。イギリス精神衛生問題協会の最高責任者ポール・ファーマー氏は、エコセラピーをうつ病の治療オプションとして検討すべきだと考えています。オランダには600軒、ノルウェーには400軒、イギリスには43軒のケアファームがあります。

 

エコセラピーとは、

自然との相互作用の中で実践されることを特徴とする、個人の発達や心理的・心身的ケアへのアプローチです。「グリーンセラピー」と呼ばれることもあります。自然とのつながりを取り戻し、身体や五感を使って「心の健康を回復する」ための様々な方法が含まれます。うつ病や恐怖、ストレス、不安がある場合には、エコセラピーがおすすめです。エコセラピーは特に、困難で有毒でストレスの多い環境での生活に苦しむ人のためのものです。また、現在の生態系の危機に不安を感じ、生きる意欲をなくしている人も対象としています。

人は、自然環境を大切にすることを学ぶことで、自分を大切にすることを学びます。人間がバランスと平穏を見出すのは、多くの場合、自然との触れ合いにおいてです。そのため、人間を自然と和解させることが主な目的の一つとなっています。自然とのつながりを取り戻すということは、現代の中毒を一時的にすべて捨て去るということでもあります。これを実現するのに、自然浴ほど良いものはありません。

エコセラピーは、癌、うつ病、不安、生きる意欲の喪失、ストレス、感覚の喪失など現代の心身の問題の多くは、環境破壊や、騒音、公害、環境の大衆化と醜悪化、種や環境の消滅に直面する苦しみ、将来に関する不安や憂鬱など多くの障害の影響の結果であると考えています。

私達は生物学的に、空気、水、植物、動物などの自然環境と相互作用するようプログラムされています。そのため私達の心身の健康は、自然との最低限の触れ合いがあって初めて確保できるものなのです。現代においても、私達の生活は、直接的にも間接的にも、目に見えても見えなくても、完全に自然と相互依存しています。エコセラピーの効果に関する研究は最近のもので、まだ数が少なすぎます。

 

エコセラピーがもたらす効果

  • 現在に再び焦点が合う(個人の発達)
  • (より大きな)心の平静に到達する(個人の発達)
  • 3つの次元(精神、感情、肉体)で自分自身により大きな存在感を与える
  • 多かれ少なかれ完全に生きているという感覚を持ち、人生に再び歓喜する
  • 集中力が向上する
  • ストレスや不安が和らぐ
  • 自分や他人、自然についてより良く理解する
  • 自分や他人、自然とより良い関係を築く
  • 感受性が高まる(感覚蘇生法)

このすべてが、誠実さや単純さを増すことだけでなく、自尊心を高める社会的なつながりへの欲求を生み出します。 エコセラピーは、特定の計画やライフプランを実行するために、はるかに優れた柔軟性と創造性で、自分の人生で何をしたいのかをより明確にします。

エコセラピーで使われる様々な技術

  • 環境不安(環境破壊の恐怖)への取り組み
  • 自然とのつながりを取り戻す練習
  • 動物補助療法
  • 園芸療法
  • 野生の自然での仕事

セッションは、呼吸を意識することと、その時の感情に気付くことで構成されています。内的・外的覚醒の発達、つまり、その人の身体の中、特に呼吸で何が起こっているのか、そしてその人の周りで何が起こっているのか、という繊細な意識の発達に重点が置かれています。個人セッションも可能です。グループでのセッションがより効果的です。
エコセラピーは、自分自身、身体、環境とつながりたい人に適しています。 自然環境とつながり、自然をより楽しみ、より生き生きとした気持ちになりたい人のためのものです。 エコセラピーは、死別、離別、強いストレスを経験したばかりの人や、自分を取り戻し焦点を合わせるために、休息したり自然との触れ合いに立ち返ったりする必要性を感じている人に、役立ちます。

日本では、

エコセラピーは予防的な抗ストレス薬です。セッションは、森の中をゆっくり歩いたり、瞑想したりする形で実践します。エコセラピーは、アメリカ、オランダやイギリスを中心としたヨーロッパの国々で広がりを見せる傾向にあります。

記事引用元:JE ME SENS ÉPANOUI !

コメントする

*
*
* (公開されません)

Language