記事, ケアファーム海外記事

ケアファームはクライアントに何を提供できるか? -ケアファームスタッフの意見-

画像引用元:“Depden Care Farm

英国におけるケアファームは、農業コミュニティが存続可能な状態を維持し、自然環境との市民の交流促進に役立ちます。
また、人々を農業活動に従事させ、健康、社会的、教育的状況を改善することで、公衆衛生やサービスの提供に関わる様々な問題に取り組むことができるため、治療的な効果も期待できます。
本論文では、ケアファームのスタッフがクライアントに提供する経験の目的と潜在的な成果とは何かを探った英国の定性研究から得られた知見を紹介します。
15名のケアファームスタッフが、半構造化されたインタビューのスケジュールを使用して、インタビューを受けました。
研究結果は、ケアファームが自然と持続可能な食糧生産を体験できる家庭的で支援的な環境を提供していることをスタッフが認識していることを示しています。
スタッフは、ケアファームをクラアントの個人的な成長を促す包括的な環境を提供する場所であると認識していました。
ケアファームでは、人々は自分自身と自然について学ぶ機会があり、自分自身でいることができます。
識別された問題ケアファームのスタッフがどのようにウェルビーイング理論とリンクされているかを検討します。

最初の探索的研究は、ケアファームのスタッフの仕事の焦点と、健康のより広い概念、特に幸福の促進を当てた健康に関する信念と価値観を探ることを目的としたものです。

戦略的レベルでは、公衆衛生の介入として、また健康政策との関連でケアファームを検証するために、より多くの評価研究が必要です。

これは一般化の点で限界がある定性的な研究ですが、ケアファームがクラアントに何を提供しているかについてのスタッフの認識についての英国初の定性的な研究であり、将来的には、ケアファーミングがクラアントとスタッフのウェルビーイングに与える影響について、よりしっかりとした調査が行われることが予想されます。

 

ケアファームの定義は以下の通りです。

ケアファームの定義は以下の通りです。
ケアファームは、クライアントの身体的な健康と精神的な改善を支援するために使用されており、教育システム、刑務所、健康とソーシャルケアに関連する公衆衛生とサービス提供の問題の範囲に対処する能力を持っています。

さらに、農業コミュニティが存続可能な状態を維持し、自然環境との市民の交流を促進することも可能です。
これは国民の健康にとって重要であると認められています。

英国では、健康と社会的ケアの提供者、政策立案者、一般市民の間で、より広い健康の概念、すなわち幸福と生活の質を含む健康の概念に対する認識が高まっているようです。

ウェルビーイングは政策に関連して重要視されており、ポジティブな社会的、身体的、精神的状態、および個人が目的意識を持ち、社会に貢献できると感じていることを含むと定義されています。(UK Whitehall Well-being Working Group 2006, cited in Walker and John)

Hineらは、このような健康に関するより広い概念は、緑地(農地を含む)が健康と社会的ケアの提供に貢献できる範囲があることを意味していると示唆しています。

エコセラピーは「グリーンケア」と呼ぶことができ、そのようなケアの範囲にはケアファームも含まれています。Mindによる最近の報告書は、「エコセラピー」を評価した様々な研究からの証拠をまとめたものです。

エコセラピーはMindによって、
「人々が屋外で活動したり、ガーデニングをしたり、食べ物を育てたり、環境保全活動をしたりするのを支援することで、心身の健康と幸福を改善する介入」と定義されています。

ケアファームはエコセラピー活動を提供することができ、クライアントの心身の健康を向上させ、スキルや仕事を得るための移行を支援し、より伝統的な健康関連サービスにアクセスできないかもしれない人々を巻き込むことができることがエビデンスで示されています。

2012 年には英国には 180 のケアファームがあり、ヨーロッパ全体では国ごとにケアファームの数に差があり、オランダが最も多く、次いでノルウェーです。 また、医療・福祉組織がケアファームとどのように連携しているか、また、ケアファームを支援するために存在する支援構造にも違いがあります。

いくつかの国のケアファームが正式な支援を受けている一方で、英国ではそうではありません。

ここでは、ケアファームは比較的最近の概念であり、現在の正式な支援がないことを説明している可能性があります。

英国のケアファームは、組織との提携、個人経営、都市部や農村部での運営、様々な形態の活動や飼育に基づいている場合があります。人々をケアファームに紹介している組織の範囲は広く、顧客には学習困難な人や、若者の権利を奪われた人、精神衛生上の問題を抱えた人などが含まれてます。

英国における効果的な公衆衛生介入としてのケアファームの認知に影響を与えている問題には、資金不足、政策の欠如、健康増進介入としてのケアファームの利点に関するエビデンスの欠如などがあります。
また、ケアファームは「実証されていない」ものであり、従来のものではないという当局の見解もあります。

ケアファームがなぜ成功するのかを理解するためには、関係する社会的・心理的プロセスを理解することが重要です。

オランダを拠点とした定性研究では、ケアファームで働く経験について、クライエントとケアファームの視点を求めていますが、例えば Elings と Hassinkは、グリーンケアファームで働くことが彼らにとってどのような意味を持つのかを探るために、ケアファームのクライエントとのフォーカスグループインタビューを用いてます。
研究参加者には、メンタルヘルスや依存症の問題を抱えていた経歴がありました。
研究者たちは、肉体的には疲れるものの、ケアファームの仕事はクライアントに満足感を与え、日々の目的と構造を提供していると認識されていることを発見しました。
中毒の履歴を持っていたクライアントは、彼らの中毒以外の何かに集中することができました。
彼らはまた、自分自身であり、他の人に受け入れられる環境の中で、自尊心の感情を経験し、尊敬の念を高めることができました。

この経験により、メンタルヘルスに問題のある人たちは、自分自身について学び、自分自身を受け入れ、自信をつけることができるようになりました。

ケアファームは、コミュニティの一員であることを実践するための「安全な」場所を提供し、彼らが判断されない場所であり、その代わり、彼らが尊敬され、彼らが属し、自分が受け入れられていると感じられる場所でした。

記事引用元:Science Direct.

コメントする

*
*
* (公開されません)

Language