ケアファーム海外記事

ケアファームとは?

画像引用元:“Depden care farm

さまざまな自然療法を深く研究していくシリーズの今週は、ケアファームについて詳しく見ていきます。

ケアファームとは?簡単に言えば、ケアファームとは、癒しを促進するために農業を治療的に使用することです。また、グリーンケアやセラピーファームとしても知られています。ケアファームは、監督され構造化されており、「特定の必要がある個人のための農業関連の活動」を提供します。これらの活動には、畜産(家畜、小動物、家禽)、農業、園芸、森林管理、農産物の収集、工芸品作り、木工、庭仕事、生息地の修復などが含まれます。

ケアファームは、通常、教育プログラムやリハビリプログラムの一部として、構造化された監督下のケアサービスを提供します。これまでに、精神衛生上の問題を抱えている人、軽度から中等度のうつ病を患っている人、学習障害のある成人と子供、自閉症の子供、薬物やアルコール依存症の経験のある人、障害を抱えた若者、保護観察中の人など、様々な社会的弱者グループに効果があることが分かっています。

   

ケアファームの歴史

ケアファームは最近の流行と思われるかもしれませんが、驚いたことに70 年近く前から現在の形で存在していました。今日、私たちがケアファームと呼ぶ最初の農場は1949年にオランダで誕生し、1995年までは1年に1つのペースでゆっくりと成長してきました。

急激な成長期とその後の減速期を経て、私たちが知っているような近代的なケアファームの動きが2004 年頃から着実に成長してきました。オランダのケアファームの数は、1998年にはわずか75農場でしたが、2009年には1000農場以上に増加し、その数は今も増え続けています。

ケアファームのルーツはオランダですが、「ケアファーム」という言葉自体は世紀の変わり目にイギリスで人気を博しました。

National Care Farming Initiative(全国ケアファームイニシアチブ)は、2005年に、全国で孤立しがちなケアファームが連携して支援を受けられるように、保健・福祉・農業・教育など様々な関係機関の代表者で構成された連合体によって設立されました。
この組織は2011年にCare Farming UKとなり、2018年にはFederation of City Farms and Community Gardensと合併してSocial Farms & Gardensとなるまでその名のままでした。この組織は、イギリスでケアファーミング業界が声をあげる機会を提供しただけでなく、全国会議の開催、新しい潜在的なケアファーミングのためのケーススタディやリソースの開発、地域や地域のイニシアチブの立ち上げ、そして一般的にケアファーミングを地図上に載せ、イギリスの一般の人々や政策立案者の頭の中に入れるようにしてきました。

ヨーロッパ諸国には何千ものケアファームがあり、その多くは社会サービスプログラムと関連しています。ノルウェー、スウェーデン、ベルギー、イタリア、オランダのような場所では、社会的に認められ、多くの研究がなされていることはもちろん、社会的に確立されたケアファーム産業が存在しています。

一方、北米全体のケアファームの数は未だに数十軒であり、アメリカではこれらの治療を目的としたファームに対する研究や制度的な支援が非常に不足しています。

   

平均的な農場ではなく

古き良き時代の農場が私たちの心身の健康に影響を与えることは確実なので、結果的として自然療法や治療用園芸の基盤となっています。しかし、伝統的な農場とケアファームは同じものではありません。ケアファームは、治療目的のために特別に構成されています。それは、メンタルヘルスの専門家が主導する認可を受けた外来プログラムであり、農場に来る社会的弱者に癒しを提供するという明確な目的のために作られたものです。

ケアファームでは、農地、森林、庭園などの土地が、農業活動を通じて健康を促進するための拠点となります。患者は、ソーシャルワーカーやセラピスト、訓練を受けたセラピー動物などと一緒に、農作業や動物の世話など、農場で行われることは何でも行います。

多くのケアファームは医療保険を受け入れています。Social Farms & Gardens が FAQ の中で述べているように、ケアファームとは単に治療的介入や緑の空間を提供するだけではなく、「治療的介入と農場環境の共同作用」で構成されています。

ボストンにあるCultivate Care FarmsのAndrew Lapin氏は、ケアファームとは何かについて詳しく話しています。多くの自然療法と同様に、彼と彼の同僚はプログラムを軌道に乗せる上でユニークなハードルに直面したことを言及しました。その一つは、ケアファームが正当な医療行為であるという誤解です。「私たちはただの動物園ではありません。」「医療的な診察であり、専門家の監督のもとで資格を持ったセラピストやインターンと共に作業を行います。」と彼は言っています。さらに、二つ目のハードルは、保険会社を納得させることだと付け加えました。「これは民間のクリニックではなく効果的な治療手段であり、可能な限り利用しやすくするべきである。」

   

ケアファームの利点

ケアファームは、精神的、肉体的、感情的に社会的弱者とされる多様な人々に重要な健康上の利益を提供する。ケアファームの利点は、緑地、有用な仕事、コミュニティといった様々な要因がユニークな形で組み合わさって構成されていることにあるように思います。

オランダのある大学の2006年の本は、"空間、静けさ、有益な仕事、多様な活動、思いやりのある活動、植物や動物と一緒に働くこと、そして農家の家族や社会的コミュニティの保護と思いやりのある環境 など、ケアファームがもたらす広く多様なメリットを支持しています。このプロセスは、自尊心、社会的スキル、リハビリテーション、包容力、責任感、身体的健康、目的意識 "に貢献することがわかっていると記述しています。

マサチューセッツ州に拠点を置く別のケアファームでは、社会的交流の向上、自信の向上、幸福意識の向上、個々の作業とチームの一員としての作業、様々な病の悪化を防ぐ などの利点を挙げています。

また、ケアファームは、後に有給の仕事や自己価値の向上につながる有用なスキルを学ぶ機会を個人に提供することができます。オハイオ州のHopewellケアファームで働く精神科医博士Martha Shinagleは、実用的なケアファームの効果がいかに広範囲に及ぶか説明しました。「あなたは薬を安定させるだけでなく、ここで自分自身のケアの方法を学ぶことができます...。仕事は、私たちの生活の中で本当に重要な部分であり、規則正しい生活と生きる意味を提供するものです。あなたは仕事に行く義務があるだけでなく、それがあなたにとって重要であるため、あなたは生活を立て直します。」

ケアファームは、通常の医療介入だけではできないことを提供してくれることが多く、患者がプログラムを離れた後も長く影響を与え、自分自身の幸福に責任を持つことを教えてくれます。

身体的健康の利点は、農業の発展、機能と基本的なスキルの向上、移動性の向上が含まれ、社会的な利点は、社会的スキルの発展、チームワーク、独立性、仕事の習慣の形成、個人的な責任、他の人々への信頼の強化などが含まれています。しかし、研究者たちが最も興味を持っているのは、精神的な健康に苦しんでいる人たちのためにケアファームが開く可能性です。

2017年に『Natural England』誌で発表された、メンタルヘルスケアにおける自然に基づく介入の役割に関する論文では、ケアファームのようなものが癒しのために提供できるエキサイティングな展望が詳細に述べられていますが、サポートとアクセスがまだ非常に不足しているという注意点があります。「これらの自然を基盤とした介入は、メンタルヘルスケアのための新たな解決策の一部になる可能性があります。しかし、これらの介入の認知度を高め、アクセスを増やすことは困難です。」

このシリーズで取り上げた他の多くの自然療法の形態と同様に、最大のハードルの一つは、あらゆるバックグラウンドやクラスの人々のためのケアファームの認知度とアクセスの両方を高めることです。

   

地域を中心とした介入

このブログでは、植物や動物を含めた自然界とのふれあいが、人間にとって大きな利益をもたらすことを何度も取り上げてきましたが、この自然要素と協力して作用するケアファームの社会的・コミュニティ的な要素は、ケアファームならではのメリットとして文献に何度も登場しています。

これらの農場のほとんどで、人々は共に生活しながら仕事をしており、農場の運営と繁栄を維持するという大きな目的のために、どのように協力し、共同して働き、お互いの意見に耳を傾けるかを学ばなければなりません。中毒者や元犯罪者にケアを提供しているシュロップシャーのケアファームの責任者であるマット・ホーム氏は、次のように言います。「土地を耕すだけでは十分ではありません。治療も必要です。しかし、彼らの多くがそうであるように、非常に混沌とした環境からこの場所に来ることには、治療的な何かがあります。ここでは責任を取らなければならないし、一生懸命働かなければならないし、地域社会の貴重なメンバーでもある。植物に水をやるか 動物に餌をやるかしないと 植物や動物は死んでしまう」

冒険療法のように、参加者はお互いの目標によって結ばれていますが、登山や川下りよりも農作業の方が身近なので、ケアファームはより広範囲の人々にとって有益なものとなります。崖の上や荒れ狂う川から遠ざかってしまうような病気や症状を抱えている人たちにも手を差し伸べることが出来ます。

誰のためのものなのか?

ケアファームは、その利用のしやすさから、幼児、青年、心理的な問題や依存症を抱える人、認知症の高齢者、地域社会の命令を受けている犯罪者、ADHD、自閉症、不安、または精神的なハンディキャップを持つ人など、本当に多様な人々に利用され、有用であることが証明されてきました。Wageningen大学Plant Research InternationalのMarjolein Elings氏による素晴らしいオランダの研究分析は、ケアファームとその効果を文書化しています。それは元のオランダ語から英語に翻訳され、世話の農場が異なった必要性のある集団に提供できるさまざまな利点を詳細に並べています。

トラウマに苦しむ幼い子供たちにとって、一時的に家庭外で過ごす必要がある場合ケアファームは、保護施設としての役割を果たします。研究によると、ケアファームは癒しに欠かせない明快さと安全性を提供していることがわかっている。日々の規則的な生活と役割が明確で、強制されたわけではなく自然と提供されている上に平和で静かな田舎の環境が治療のプロセスを促進してくれます。

高齢者、特に認知症の人たちは、ケアファームが優れた解決策となるもう一つの集団です。小規模で収容された生活環境により、彼らは自分の環境をコントロールし、責任を持つことができると同時に、安心・安全で快適な空間にとどまることができます。BMC 老人病学誌の2019年の研究では、ケアファームで提供される『人を中心としたケア』が高齢者に大きなプラスとみなされていることも明らかになっています。

2007年のPlant Research Internationalの研究では、認知症の高齢者を含む様々な集団におけるケアファームの価値を調べ、2009年のWageningen大学の研究では、ケアファーム施設にいる人と通常のケア施設にいる人を比較しています。

どちらも、栄養状態の改善、より変化に富んだ活動や社会的接点の増加、体調の改善などの肯定的な結果が得られました。

第3の研究では、ノルウェーの33のケアファームと227人の認知症患者のデイケアを調査したところ、組織、日常の構造、保健教育者の数などの点で他のデイケア/介護センターと同じように機能しているが、動物、庭園、アウトドアなどが含まれていることがわかった。

まとめ

ケアファームが様々な人々にポジティブな結果をもたらしてきたことは明らかだが、特にアメリカでは、ケアファームがグリーン処方箋として重要な位置付けとなるためには、更なる研究が必要である。もしあなたがアメリカ人で、彼らがEUで何をしているかに興味を持っているなら、あなたの地域にケアファームがあるかどうかを確認するために、アメリカのケアファームのリストをチェックしてください。

記事引用元:Dr. John La Puma

 

 

 

Language