ケアファーム海外記事

COVID-19がケアファームに自然に基づく介入の可能性に光をあてた

画像引用元:“This article originally appeared on the SANE Australia website.

オーストラリアにケアファームを広めるために活動している、ある研究者によるブログ記事です。研究論文を参照しながら、平易な表現でエコセラピーとしてのケアファーミングの魅力を伝えています。
今年の5月に書かれた記事で、COVID-19の流行と絡めて新たな視点からケアファーミングを考察しており、昨今の状況を鑑みても、興味がそそられる記事です。特に、昨今COVID-19の流行により外出自粛、ソーシャルディスタンスが叫ばれています。その中で、メンタルヘルスの面で問題を抱えた方たちが自尊心を保ち、心身ともにより健康的な生活を送るために、自然の中で時間を過ごすことができるケアファームがいかに役に立つか、ということについて述べられています。
また、世界各地のケアファームでの取り組みにも言及しており、今後日本でケアファームを広めていく際の指針として参考になります。

   

2019年後半にホッキングフェローシップのプロジェクトを開始したとき、私は米国とアイルランドに存在するいくつかのケアファームのコミュニティを研究しようとしていました。私の目的は、このケアモデルがオーストラリアではどのように提供され得るかを探ることでした(そして今もそうです)。残念なことに、COVID-19の感染拡大のために、私の出張計画は保留になってしまいました。

ウイルスが世界中に急速に蔓延し、仕事、教育、遊びなどの身近な領域を混乱させているため、私たちの多くは、家でじっとしているか、外に出るかという二者択一の選択に直面しています。

物理的に距離を置くルールがあるため、屋外に出ることは、家の外に出たい人に残された数少ない活動の一つとなっています。この状況の意外な利点は、世界中の人々が自然の中で過ごす時間が増えていることです。いくつかの研究によると、1日20分でも自然の中で過ごすことで、ストレスホルモンのレベルを下げ、自尊心を高め、気分を向上させることができるそうです。自然は、多くの人が今感じているであろう心配事や緊張感を和らげてくれます。

ある人にとっては、自然の中で過ごす時間としては、ランニングや公園での散歩などがあるかもしれません。またある人にとっては、庭で時間を過ごしたり、木の下に座ったりすることでしょう。

   

自然の中で時間を過ごすことの精神衛生上の効果は、長い間文書化されてきました。うつ病や不安の軽減、集中力や注意力の向上、認知機能の回復、幸福感や満足感、生活の質の向上などが挙げられます。実際、これらのプラスの効果は非常によく認識されているため、心臓病、高血圧、高コレステロール、糖尿病、慢性的なストレス、うつ病や不安、不眠症、PTSDなど、さまざまな疾患の治療に役立つ「自然の処方箋」を発行する医師が増えてきています。

私は、COVID-19の危機が自然の健康上の利点に光を当て、特にメンタルヘルスの分野で「自然の処方箋」が増加することを期待しています。

ケアファームは、「自然の処方箋」の完璧な例です。2016年にNatural Englandが発表した、メンタルヘルスケアにおける自然に基づく介入の役割に関する論文では、「ケアファーミングは新たな解決策の一部になり得るが、これらの介入の認知度を高め、アクセスを増やすことが課題である」という展望が詳細に述べられています。

   

ケアファームの多くの利点の一つは、参加者が自然のオープンスペースで多くの時間を過ごすことです。これは自然の回復効果をもたらすだけでなく、身体活動の機会を可能にし、自尊心と自信の向上をもたらします。

では、ケアファームとは何でしょうか?
ケアファームとは、「グリーンケア」の一種です(これは、自然との接触を通じて心身の健康と幸福を促進する、自然に基づく様々な治療方法の総称です)。ケアファームでは、複雑な精神衛生上の問題を抱えて生きる成人のために、様々な宿泊施設の選択肢を提供するだけでなく、精神科治療や完全かつ継続的なケアを提供しています。

ケアファーミングは、農法の治療的利用と定義されています。ケアファームでは、農地の全部または一部を利用して、農業に関連した活動の監督下で体系的なプログラムを通じて、健康、社会、または教育的ケアサービスを提供しています。

   

ケアファームはヨーロッパでは非常に人気があり、その数は急速に増加しています。オランダには約 1,100のケアファームがあり、ノルウェーには 1,000、フランスには 900、イタリアには 675、ベルギーには 300、英国には 230あります。農場の種類や利用者は多岐にわたり、うつ病やその他の精神衛生上の問題、認知症、知的障害、薬物乱用、司法制度に縛られている人々などの問題を抱えて生活している人々にサービスを提供しています。

ケアファームプログラムへの参加は、精神衛生上の問題を抱える人々にとって特に有益であることが証明されています。ケアファームは、「普通の」生活に近い非臨床的で家庭的な環境を提供し、社会的交流、技能開発、有意義な雇用の機会を提供します。

仕事は目的意識と仕組みを生み出します。ケアファームでは、人々は選択肢を与えられ、彼らが行うタスクの所有権と責任感を見出しています。これらの活動によって、メンタルヘルスに問題を抱える人々は、自分自身や自分の能力について学び、自信をつけることができます。これらの活動は安全な場所であり、コミュニティの一員であることを実践することができ、批判されるのではなく、 受け入れられ、尊重される空間です。誰もが自分の居場所だと感じ、誰もが貢献することがより広いケアファームのコミュニティにとって重要であるという共同体の認識があります。

アメリカでは,ケアファームはセラピーファームのコミュニティとして知られています.彼らはケアファームモデルと治療的コミュニティのアプローチを組み合わせています。アメリカには、統合失調症、統合感情障害、双極性障害、重度のうつ病などの複雑な精神衛生上の問題を抱える人々のために、回復を目的としたプログラムを提供している大規模な居住型セラピーファーム・コミュニティが一握り存在します。

これらのコミュニティの中で最も古いものは、マサチューセッツ州にある700エーカーの敷地を持つグールド・ファームで、1913年にウィルとアグネス・グールド夫妻によって設立されました。彼らは、感情的な弱さや精神的な弱さを経験している利用者を歓迎し、農場での作業に参加し、親切で健康的なコミュニティで日々の生活の喜びや課題を共有していました。

時が経つにつれて変化してきたこともありますが、利用者は今でも、生きた経験を持つ仲間、ボランティア、スタッフ、そして全員が一緒に暮らすその家族で構成される、本物の多世代コミュニティに迎え入れられています。ボストンとバークシャーの両方にコミュニティベースのプログラムを展開しているグールドファームは、ゲストが徐々に自分の家の環境に戻れるように支援するためのサービスも提供しています。

グールドファームのケアモデルの成功は、複雑な精神疾患を持つ成人のための農場ベースの居住型治療プログラムを提供するオハイオ州の治療コミュニティ、ホープウェルの設立にも影響を与えました。

ホープウェルの創設者クララ・ランキンは、精神衛生上の問題を経験している家族がグールドファームに滞在したことで初めて、適切な治療法を見つけることができました。その経験がその家族を変えたことに感銘を受けた彼女は、オハイオ州にも同じような施設を作ることを決意しました。献身的な専門家や友人のグループの助けを借りて、彼女は必要な資金を調達し、ぴったりの施設を見つけました。ホープウェルは1993年にオープンしました。

アイルランドには約100のケアファームがあり、そのほとんどが様々なクライエントグループのためのデイプログラムを提供しています。しかし、スリ・エイルはユニークなケアファームです。コーク郡にあるこの施設は、英語で「別の道」という意味を持ち、精神衛生上の問題を経験している人々のために、回復に焦点を当てた支援的な生活環境を提供しています。それは2つの非営利の慈善会社を通して運営されています。1つは住宅協会として活動し、宿泊施設を提供しています。もう1つは、個人やグループで様々なサポートサービスを提供しています。

渡航制限が解除されたら、これらのセラピーファームやケアファームのコミュニティを訪れることを楽しみにしています。私の研究の目的は、同じようなケアモデルがオーストラリアでどのように提供できるかを探ることです。このプロジェクトが、私たちのメンタルヘルスシステムの現状を変えることに一歩近づき、世界の他の地域ですでに成功している新しいアプローチを試してみようと、政策立案者が協力してくれることを願っています。様々なケアファームのアプローチは、病院システムに見られる高度に医療化されたモデルから脱却し、代わりに、メンタルヘルスに問題を抱える人々がコミュニティの一員となり、自然環境に参加する機会を提供しています。

記事引用元:This article originally appeared on the SANE Australia website.

 

 

 

Language