ケアファーム海外記事

工場農業のない未来に期待

画像引用元:“THE CONVERSATION(The demise of factory farming will have many social benefits. (Piqsels))

世界中で拡大してしまった工業農業を減らすことのメリットについての記事です。
工業農業を無くすことは環境保護に繋がるだけでなく、様々な人々にとって新たな収入源になる可能性があり、
人道的な仕事につける機会にもなりうると主張しています。
工場農業のない未来は持続可能な農業を実現するためのひとつの手段になり得るのです。

   

工場農業のない未来に期待

企業による畜産は危機的な状況にあり、その時代は終わりを告げている。工場農業と工業化された動物の屠殺は、労働者の健康にとって危険であり、次のパンデミックの潜在的な原因であり、倫理的にも環境的にも持続不可能なものであると認識されている。

初期の数字は、パンデミックの間、植物ベースの食品の購入が顕著に増加していることを示唆している。新しいビーガン製品は、ほぼ毎週のように市場にもたらされている。そして、培養された「クリーンな」肉の進歩は、すぐに大量生産につながりうる。
これらの技術革新は、動物を殺さずに肉を消費したい人のために肉を作ることができることを意味する。ビル・ゲイツ、リチャード・ブランソン、レオナルド・ディカプリオ、大手農業ビジネスのリーダーなど、多様な投資家が、製品をより効率的かつ持続的に生産する機会を認識している。その結果、工業的畜産が完全になくなるとまではいかないまでも、深刻に衰退することになるだろう。

気候変動への大きな影響と、それが引き起こす動物の苦しみの深さと大きさを考えれば、工場農業の終焉は多くの社会的利益をもたらすだろう。都市部で食品を開発することで、人道的な新しい雇用が生まれることは間違いない。しかし、農村部の経済や飼育されている動物たちはどうなるのだろうか?

   

少ないが、より幸せな動物

工場農業の終わりは、農村の復活と、より公正で持続可能な地域社会の発展のための基礎を築くことになるだろう。
そして、数は少ないが食肉処理場に送られることのない、より健康で幸せな動物が増えることになるだろう。

1. 家族経営の農場の復活と再形成。
工場農業は、家族経営の農場の数を急激かつ継続的に減少させてきた。
厳格な企業化、機械化された現状とは対照的に、工業的畜産の終焉は、家族農業にとっての恩恵であり、多様化のための有意義なチャンスである。

カナダはすでにレンズ豆やひよこ豆を含むパルスプロテインの世界的先駆者だ。有機農法やビーガン農法、より多くの植物由来の作物、そして新しいラボ製品に必要な原料に対する新たな需要があるだろう。消費者の中には、死んだ動物の肉を欲しがる人もいるので、小規模な畜産が市場を見つけるかもしれない。
農場に人々を連れて行き、食の栽培に直接触れることができるブティック・ダイニング・ツーリズムも成功する可能性がある。理想的には、多くの青果物の栽培を可能にしている出稼ぎ労働者の福利厚生も、もっと真剣に考えられるようになることだ。これは非常に必要なことである。

2. グリーンケアの拡大。
グリーンケアという言葉はまだあまり知られていないが、自然との組織的で形式的かつ有益な相互作用が及ぶ範囲のことを指している。動物介助療法、治療用園芸、ケアファームなどは、すべてグリーンケアの例だ。
農場は、子供や大人の学習、健康管理、職業訓練のための場所として再定義することができる。これは、価値あるサービスを提供すると同時に、農村地域のさまざまな種類の新しい緑ある人道的な仕事を生み出すことになる。 これらの農場のいくつかはすでに存在しており、カナダのような国では、通常コストがかかる。農村経済からの工場農場の除去は、より慎重かつ思慮深くグリーンケアを拡大し、それを規制し、既存の教育、ヘルスケアおよび北ヨーロッパで行われているものに似たOne Healthプログラムと統合するための新しい機会を作成することになるだろう。これにより、よりアクセスしやすく、多様で、公平なものになるだろう。

3. 農家の動物は喜びのために飼育されることになる。
すでに多くの人々が、レジャー、スポーツ、コンパニオンシップ、そして純粋な喜びのために馬と仕事をし、交流しています。鶏、うさぎ、山羊、豚、牛、羊などの養殖動物にも同様の機会がある。 サブカルチャーは、例えば、遺産の品種や、これらの動物の美しさを祝い、披露することができる - その後の死刑判決はない。
また、より多くの農場が、動物たちが何の期待もせずに繁栄できる非営利の聖域になるかもしれない。

4. いくつかの田舎の空間は再野生化される。
イギリスの作家ジョージ・モンビオなどが主張しているように、いくつかの地域が再生し、在来種の植物や動物と再繁殖することを可能にするための、多くの環境的な理由がある。
再野生化として知られているように、国内でのレクリエーションや学習の機会(ハイキングやバードウォッチング)を拡大するために慎重に計画された一定の機会と、先住民主導のイニシアチブやパートナーシップを含む、控えめで戦略的なエコツーリズムを可能にしうる。
しかし、一部の土地を他の種に確実に戻すことは、私たちが動物の家族、文化、生息地に与えてしまった計り知れない損害を償うための小さな方法の一つである。

   

持続可能で活気のある空間

何億もの動物を集中的に屋内に閉じ込め、カナダの農村風景を蹂躙している今日の窓のない大規模な施設とは対照的に、農村地域は、人間と動物が繁栄し、共存するためのより持続可能で活気に満ちた空間になるだろう。

農村経済に害を与えるのではなく、工場農業の廃止は、種族間の尊重に根ざした魅力的な新しい可能性を開発するだけでなく、相互の慣習を復活させるための招待状でもある。それは、多様な人々のための新たな収入源と人道的な仕事を生み出す明確な機会だ。

工場農業が終われば、私たちは皆、より良い生活を送れるようになるだろう。

   

著者

Kendra Coulter
研究優秀者議長、労働研究部議長、カナダ王立協会新人学者・芸術家・科学者カレッジ会員、ブロック大学オックスフォード動物倫理センター特別研究員

記事引用元:THE CONVERSATION.com

 

 

 

Language