ケアファーム海外記事

ケアファーム ワーキングモデル

画像引用元:“Depden Care Farm

認知症を持つ人々のためのケアファームで実際に働いている方の記事です。
認知症に苦しむ人々が農場で仕事をしたり、動物と触れ合うことは刺激になるため病状を和らげます。認知症の人々を農場で人と動物、全員がサポートしており、介護者にとってもケアファームが重要だということが分かります。

   

ケアファーム:ワーキングモデル

昨日は、ダービーシャーのケアファームで一日を過ごしました。肌寒い天候にもかかわらず、私は感動的な時間を過ごすことができました。農場に来ているメンバーは、多くの動物の世話、ガーデニング、アイデアの共有などの有益な活動に一日を費やしました。定期的に健康的にリフレッシュするための休憩時間が設けられており、ウォーミングアップしたり歌を歌ったり、農場の進捗状況について話し合ったりする機会にもなっています。施設はまだ進行中で、やや基本的なものではありますが、風景の中にいるという一般的な感覚と一日の活動に貢献しているようです。男性たちは特にこの環境が好きなようです。

もちろん、私の一日について過度にロマンチックな説明を提供する危険性はあります。しかし、この場所の素晴らしいとことは、認知症を持っているということが日々働くことによってほとんど分からなくなることです。農場の労働者や訪問者は、高齢者がもたらす課題のいくつかを微妙に調整しながら、淡々と作業に集中しています。普段は棒を持って歩いている人が手押し車を押して、モグラ塚が散らばっている不整地をナビゲートするという斬新な方法を取り入れています。同様に、野原を歩き回り、動物小屋を背にして日光浴をすることは、チャレンジではありませんが、静かに他の人に注意されます。同様に、ポリトンネルのそばで素早くおしっこをすることは、失禁を回復させ、撒き餌のバケツを見つける仕事に取り掛かるための方法として奨励されています。

なぜこのようにうまく機能しているのでしょうか?
天候に関係なく、外に出ていることは、課題向けの質問と回答の対話を超えた会話の機会になります。一日のリズムに合わせてリラックスしながら、家族のこと、ナンセンスな詩を読んだり、動物を撫でたり、空に浮かぶ鮮やかな蒸気のラインを鑑賞したり、結婚のこと、そして最後に認知症のことなど、実用的な会話が盛りだくさんです。洞察力のある人たちから認知症の話も出てきますが、「私は認知症で、家族の3人も認知症なんです」、「ここに来たのは仲間がいるから・・・フレンドリーなんです」というような、通りすがりの宣言のようなものでした。

ケアファームでは、動物と人が忍耐強くサポートしてくれる場所で、大切な仕事の場でもあります。働くこと、身体を動かすことで、場所の感覚や継続的な仲間、そして何よりも目的意識を得ることができます。鶏、ヤギ、馬、ウサギ、アルパカには朝、餌を与えなければなりません。その後、植物には水やりと世話をする必要があります。お腹を空かせた馬たちに餌を均等に配らなければならないし、風が持ち上げた干し草を回収しなければいけません。ゲートを開けるには、リリースの仕組みや立ち位置を考えなければなりません。これらの課題に対応できるように、農場のスタッフたちは一旦待ち、意思決定を促します。スローな農業なのです。

最近、軽度の認知症の人しかいないという批判がありました。認知症の重症度を理由に、このような場が提供する大切な仕事を否定するのは残念なことだと思います。
私自身の観察では、大多数の人は認知機能に大きな障害があります。刺激の少ない環境では、このような人たちは、おそらくアンニュイになったり、物を指で触ったり、徘徊したりして過ごしていたのではないかと思いました。ケアファームの素晴らしいところは、すべての人に有意義な仕事を提供するという中核的な理念のおかげで、こういった行動が減少していることです。一日£65のコストが彼らの愛する人のための高いサポート率となっていることを知って、自分の時間を過ごす方法を選択することができると忘れないようにしましょう。

認知症の人とその介護者にとって何が最も重要なのかを思い出させるために、より多くのケアファームが必要です。
ケアファームは、高齢者を危険のない場所で屋内に留めるという私たちの考えに挑戦している。私たちサービス提供者は、認知症の人の権利を最小限にしてリスクを軽減するために、なぜこれほどまでに努力しているのかを考える必要があるのかもしれません。

   

   

   

記事引用元:Scaling The Peaks Research Project

 

 

 

Language