ケアファーム論文

ノルウェーのケアファームにおいてケアファームが与える精神的影響 その1

画像引用元:“Depden care farm

ケアファームが精神的にポジティブな影響を与えることは知られているが、その要因は明らかになっていない。そこで動物介在型・園芸治療型に分けてケアファームが精神的に与える影響を評価した。
動物との活動については6つの研究を、園芸活動については4つの研究が参考にされている。その結果ケアファームでの活動は、精神的に問題がある人たちのうつレベル・不安・ストレスレベルの低下、思考力の改善、自己肯定感の向上といったポジティブな影響を与えることが分かった。動物介在型では行う作業が高度であるほど精神状態の改善度合いが高いことが示されている。同時に農家との会話が精神状態を回復させていることも明らかになった。
園芸治療型ではグループの結束度合いが参加者の精神状態の改善度合いと相関していることが分かった。これらの改善は研究終了後も維持されており、ケアファームが精神的な問題に苦しむ人にとって解決策となる可能性を示した。

   

【概要】

・背景
ケアファームは心身の健康を促進するために農場で開発されたサービスで、ノルウェーではメンタルヘルスのリハビリテーションに利用されることが増えています。

・目的
この論文は、精神疾患を持つ人々にリハビリテーションを提供するケアファームに関するノルウェーの介入研究の記述的レビューを提示することを目的としている。

・方法
この文献レビューは非系統的な検索戦略を適用した:著者が知っている分野のすべての論文が対象に選ばれた。選定された研究は、ノルウェーの農場で実施された介入研究であり、精神衛生上の問題や障害を持つ成人の参加者を集い、精神衛生に関連した転帰指標を報告した。これらの研究と論文は量的および/または質的データを提示した。

・結果
発表された論文から得られた知見では、うつ病、不安、知覚ストレス、ポジティブな感情、熟考、自己効力感などのメンタルヘルス問題の改善が報告されている。質的データでは、対処能力の向上、社会的支援の増加、ケアファーム活動への感謝など、さまざまな肯定的な経験が記述されている。

・結論
ケアファームでの介入に参加したら、メンタルヘルスにポジティブな影響を与える。したがって、ケアファームは意味のある魅力的な職業と社会的包摂を提供することから、メンタルヘルスのリハビリテーションにおける補助的なアプローチとして使用され得る。

   

1.導入

メンタルヘルス障害を持つ人は、スティグマ化、生活の質の低さ、孤立、孤独、自尊心の低さに苦しむ傾向があり、通常の仕事から排除されることが多い。このような状況にある人にとって、意味のある日常的な職業に参加することは特に重要であることが示されている。なぜなら、仕事を通じて、必要とされていると感じたり、支援や理解を得たり、日常生活に目的を持つなどの肯定的な経験を得ることができるからである。また、これまでの研究では、職業を持つことがメンタルヘルス障害の症状の軽減につながることが示されている。精神保健リハビリテーションの主な目的は、精神保健障害を患っている人が地域社会で自立した生活を送るために必要なスキルを身につけられるように支援することであり、職業に就くことは重要な要素である。

日常的な職業、社会的包摂、帰属、社会的支援は、リハビリテーションの研究において、参加者と専門家の双方から重要な問題として提起されている。リハビリ中の社会的支援だけでなく、社会的スキル、仕事のパフォーマンス、仕事に関連した自己肯定感の向上も、就労への移行を成功させるための重要な要素と考えられている。
ケアファームは、ヨーロッパの農業分野で発展してきたサービスである。これは心身の健康を促進することを目的としており、ノルウェーでは、精神衛生上のリハビリテーションに利用されることが増えている。ケアファームリハビリテーションの主な考え方は、健康関連の支援を必要とする人が定期的に農家と一緒に農業関連の活動に参加するというものである。最も一般的なのはグループでの活動であるが、常に個々の参加者の心身のニーズに合わせて行う必要がある。ケアファームに関するいくつかの研究では、グループでの参加、社会的環境、および農家の支援的監督が重要であることが強調されている。さらに、以前の質的研究では、ケアファーミングプログラムは、病気に関連した疎外と社会への包摂の間の適切な移行であると記述されている。

ケアファーミングはヨーロッパの多くの国で増加している。ノルウェーでは、ケアファームが特に発達しており、ここ数年の間に、ケアファームに参加することで考えられる健康効果とクライエントの経験の両方を調査するために、いくつかの介入研究が実施されてきた。私たちの知る限りでは、ノルウェーほどケアファームへの介入研究を実施している国はありません。この論文の目的は、ケアファームでのリハビリテーションプログラムの背景の中で、ケアファームで行われたノルウェーの介入に関する4つの研究のレビューを提示することである。

   

2.方法論的手法

この論文は、ノルウェーのケアファームで動物支援介入または治療的園芸プログラムのいずれかに参加している精神保健障害を持つ成人の介入研究の記述的レビューを提示する。著者全員がノルウェーのケアファームでの介入研究に貢献している。したがって、出版されたノルウェーの研究を可能な限り網羅するために、著者全員が対象となる可能性のある論文を収集した。4件の介入研究がノルウェーのケアファームにあり、これらの研究からの10件の論文が査読付きジャーナルに掲載された。記述的な方法で、この記事では研究がどのように実施されたかを提示し、発表された論文からの主要な情報を要約する。量的研究を分析するために、研究の目的、デザイン、参加者、介入、結果の指標、主な所見に関するデータを抽出した。質的データを分析するために、論文の主要なテーマや知見を報告した。
すべての論文は、以下の電子データベースの1つ以上に索引付けされている。また、本研究では、以下のようなキーワードを組み合わせて解析を行った。検索には以下のキーワードを組み合わせて使用することができます:ケアファーム、治療的園芸、動物介在、グリーンケア、うつ病、メンタルヘルス、リハビリテーション

   

記事引用元:IOS press

 

 

 

Language