生きがい

超高齢化社会の中、
「私たちの選択肢が限られている」
という課題に気づいている人が
少ないのが現状です

日本は現在、超高齢化社会に突入しています。
統計データによると、2025年には65歳以上人口が3,677万人、75歳以上人口は2,180万人にまで増えると予測されています。
全人口に占める割合に直すと、65歳以上が30.0%、75歳以上が17.8%まで上昇する見込みです。
また、世帯主が65歳以上の高齢者である世帯数は、約2,103万世帯まで増えるとみられています。※1

そんな超高齢化社会の中で、私たちがどこで過ごすかを決める際に判断する基準が限定されていることにお気づきでしょうか?

  • どのくらい健康であるか(自立した生活ができるか、または介護度がどの程度か)
  • 入居費用が高いか安いか
  • どの程度のサービスを受けることができるか
  • 周辺環境や施設の外観・内観などの素敵さ

その他にも多々、高齢者住宅を決める基準はあるかと思いますが、皆さん、ここで大切な何かを忘れていることにお気づきでしょうか?

 

 

薄れゆく記憶と穏やかな光の中で
最後に過ごしたいのはどこか?

様々な高齢者の皆様やそのご家族の皆様のお話をお聞きし、私たちが感じたことは

  • 高級な有料老人ホームに住むことが高齢者の最後の目標なのか?
  • 介護度と費用の2軸で高齢者住宅を考える、それで充実した人生の終章に充分ですか?
  • 仕方がないから、入れるのではなく、自ら選択して入る高齢者住宅に多様な価値観が必要ではないですか?

ということです。超高齢化社会を迎えた日本で、本当にこのままでいいのか、そして私たちは生きている限り、「生きがい」を追い求めながら、幸せをつかまなくてはいけないのではないだろうか、そう考えるようになりました。

 

 

「生きがい」「心の豊かさ」「楽しさ」を
新たな選択肢に加えた高齢者住宅

そこで、参考になったのは、農業先進国オランダから世界に広がっている高齢者住宅です。
高級とは限らず、自然や多世代、地域の人や動物たちと心穏やかに暮らすことができるが高齢者住宅があってもいいのではないか?

しかも、2022年に課題となっている宅地化できる生産緑地の利用、郊外や地方の農業の後継者不足による耕作放棄の問題問題解決の一助にもなる、
そんな施設が提案できないか?
また2020年、今年、世界的に流行している新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、オープンエアーな環境の中で、
できる限り衛生的に安全に過ごせる場所が必要なのではないか?

たどり着いた答えは
自然の中でのリタイア後の住まい ケアファーム
日本の福祉制度の中で構築する「住まい」の形です。ご興味のある方は是非、お問合せ下さい。

※1 厚生労働省「日本の世帯数の将来推計(全国推計)2018年推計」より

 

Language