世界のケアファーム

オランダ王国政府のホームページでは、ケアファームの紹介がされています。

画像引用元:“介護農業連盟のサイト

ケアファーム発祥の地であるオランダで、ケアファームがどれだけ社会に浸透し、どのように機能しているかを知ることができるオランダの関連サイトを幾つか紹介します。 紹介するサイトを日本語に変換して読む方法は後述しますので、記事の最後をご覧ください。

   

オランダ王国政府のホームページでは、ケアファームの紹介がされています。

政府はこの中で、ケアファームの利用に適した人々の例として、高齢者、身体もしくは知的障害を持つ人々、自閉症や認知症の人々、学習障害のある若者、燃え尽き症候群などに苦しむ人々などを挙げています。
政府のホームページで紹介されているオランダの介護農業連盟(Federatie Landbouw en Zorg)のサイトでは、ケアファームを必要とする人々が最適なケアファームを見つけられるよう、検索機能を提供しています。
2020年9月現在、オランダ国内にある851軒のケアファームの中から、場所やケアの種類、年齢、活動内容など、求める条件に応じて検索ができるようになっています。

   

具体的なケアファームの例として、ケアファーム「Reigershoeve」の案内サイトを紹介します。

ここは認知症の人のための介護農場を経営しており、施設の内容や入居者の日常生活の様子が紹介されています。また、農場で働く人たち向けの特別な職業訓練、インターンシップ、ボランティア情報も提供しています。

【サイト一覧】
オランダ王国政府のサイト
https://www.regelhulp.nl/ik-heb-hulp-nodig/zorgboerderij
介護農業連盟のサイト
https://www.zorgboeren.nl/
ケアファーム「Reigershoeve」の案内サイト
https://reigershoeve.nl/

   

サイトを日本語で閲覧する方法

【パソコンで閲覧する場合】
URLをクリックし、画面上部のアドレスバーの右横に翻訳機能のマークがあれば、マークを左クリックし、「日本語」を選択してください。
アドレスバーの右横にマークが出ない場合は、Google翻訳のサイトへいき(https://translate.google.com/?hl=ja)、左側に閲覧したいサイトのURLを入力した後、右側の言語を「日本語」を選択し、出てくるURLをクリックしてください。
すると、日本語に翻訳されたサイトを読むことができます。

【スマホで閲覧する場合】
Android搭載のスマホまたはタブレットで、Chromeアプリ を開きます。閲覧したいサイトにアクセスし、下部もしくは上部に出てくるアイコン をクリックし、「翻訳」を選択します。デフォルトの言語を変更するには、 →「その他の言語」をタップすると言語を変更できます。
iPhone または iPad の場合も同様に、 Chrome アプリ を開いてサイトにアクセスした後、アイコン をクリックして上記と同様に操作を進めてください。

   

記事引用元:介護農業連盟のサイト

 

 

 

Language