世界のケアファーム

英国ポッツフォードファームのケアファーミング

画像引用元:“Potsford Farm

英国ポッツドファームにおけるケアファームの取り組みを紹介しています。ファームの利用者(コ・ファーマー)は、精神的に問題を抱える成人(25%)と学習障害のある成人(75%)で構成されています。利用者の自立、自尊心、 自信を高めることで、医療やソーシャルケアの助けを必要としないようにすることを目標に掲げ、様々なアクティビティを提供しています。家畜や植物の世話、収穫した果物などの栽培にとどまらず、利用者の希望に応じて家具の修復や、鳥箱やコウモリ箱を作るなどの木工作業、乗馬体験などの機会も設けています。実はこのファームは、元精神科看護師の2人が設立したものです。当初農業の知識も経験もなかったそうですが、利用者が安心して、ありのままの自分で豊かな生活を送り、新たな生きがいを見出せるような雰囲気づくりに2人の経験が大いに役立っていることがうかがえます。

   

重要な事実

ポットフォードは30人以上のスタッフを雇用し、1日に約25人の利用者と仕事をしており、多様性に富んだ活気のあるケアファームです。運営者のネイサンとケビンは、農業というよりもメンタルヘルスの分野で活躍してきました。「それが私たちの成功の鍵となっています。常に紹介されてくる利用者がいます」とネイサンは言います。ポストフォードファームは介護農業の実践規範を満たしています。

   

設立までの流れ

2010年以前、ネイサンとケビンは二人とも精神科看護師として働いていました。片方は病院の管理者として、もう片方はコミュニティーのケアコーディネーターとして活躍していました。「ある日突然、ケビンはケアファームを始めようというアイデアを思いついたのです」とネイサンは言う。「農業の経験もビジネスの経験もないのにね」とケビンは付け加えました。そのアイデアは突然出てきました。しかし、ひょんなことから、二人の看護師が馬を飼っていた農場が同じ時期に賃貸に出されることになりました。
偶然はそれだけではありませんでした。2人がオーナーに手紙を書いたとき、ケアファームに関するアイデアを説明すると、オーナーが大喜びで迎え入れてくれたのです。農家の夫妻は、家族で医療と福祉のバックグラウンドを持っていたことが判明したため、対等なパートナーとしてプロジェクトに参加することになりました。それは今となっては何年も前のことで、実際、彼らは今年で10周年を迎えようとしています。「ケアファームは運命的なものでした。すべてがうまくいったのです。」とネイサンは締めくくりました。

   

私たちの活動

2人のバックグラウンドに添うように、ポットフォードの主要な「コ・ファーマー(利用者)」グループの一つは、精神的に問題を抱える成人(25%)で構成されており、残りのグループは学習障害のある成人(75%)で構成されていることがわかります。これは受給している資金のバランスと一致しています。いずれにしても、ケアファームの目的は「コ・ファーマーの自立、自尊心、 自信を高めることで、医療やソーシャルケアの助けを必要としないようにすること」だとネイサンは言います。コ・ファーマーは自分の交通手段を使ってケアファームに行くか、公共交通機関を使って地元の鉄道やバスの駅まで行き、そこからファームに集合します。
彼らは、ソーシャルサービス、地域の学習障害者や精神保健チームから紹介され、場合によっては自ら参加を申請したり、直接支払いを利用しています。サフォークの田舎の静かで平和な場所にあるこのケアファームでは、多様な活動を提供しています。牛、羊、ヤギ、鶏だけでなく、馬、豚、ロバなど、様々な家畜世話をしたり、作業をすることがほとんどです。商業的なカラーリングヤードでも同じような機会があります。
家畜を扱う以外にも、庭園では、コ・ファーマーが果物や花の栽培に携わり、地元の市場で販売しています。敷地内の納屋では、家具の修復や、鳥箱やコウモリ箱を作るなどの木工作業が行われています。また、隣の乗馬学校で乗馬をすることもでき、将来的にはネイサンとケビンも乗馬をしたいと考えています。ケアファームのスタッフは、サービス利用者をサポートする2つの活動にも参加しています。1つ目はコミュニティサポート会社で、在宅での支援を必要とする人たちを支援しています。
2つ目は、コ・ファーマーの給付金や住宅などの問題を支援することです。「一度私たちに紹介されると、彼らは法的なサービスを受けることができなくなってしまうことが多く、私たち以外に問題を解決してくれる人がいないのです」とネイサンは言います。

   

課題と実績

ネイサンとケビンには 2つの課題がありました。長年活動を続けているため、週に3回のペースで5年以上参加しているコ・ファーマーもいる。そのため、常に新しく、飽きの来ない活動内容を提供しながら、多くのサービス利用者にとって同じくらい重要である安定性と日常性を維持することのバランスをとることが課題となっています。第二の課題は、将来への不確実性です。EU離脱後の英国の新しい農業支払制度で何が可能になるのか、ということです。これらの課題にもかかわらず、ポットフォード・ファームの未来は明るいです。何よりも、ネイサンとケビンのメンタルヘルスの分野における経験と経歴が、コミッショナーからの支持と信頼を得ています。彼らは週に3回までコ・ファーマーと顔を合わせており、数年前からそれを続けています。コ・ファーマーはコミッショナーに複数の利点を提供しています。人々の継続的な健康状態をモニタリングし、問題が発生した場合にはそれを発見し、どのような支援が必要かを診断しています。

私たちについてのコメント

「この農場では、私が面白いと思える活動ができますし、分かりやすい活動とフレンドリーでリラックスした環境が提供されます。この環境のおかげで、家の外に出ることが増え、心が元気になります。」
コ・ファーマー

「ポットフォードファームは息子の命を救ってくれました。1年半以上自傷行為をしていませんし、自信もついてきました。息子を返してくれてありがとう。」
親戚

「私は、自信と自尊心を持って人々の問題に取り組む非医療的な介入が不可欠だと強く信じています。農場は、フレンドリーな環境で、人々が安心して社会的な仕事に関連した活動に復帰するための役割を果たします。」
看護師

「私が紹介した利用者は皆、このスクールに通うことで大きな利益を得ています。私が訪問した時はいつも、リラックスした雰囲気とともに、しっかりとした目的があります。参加されている方は、互いに尊敬の念を持って接し、自分自身であることを許されています。」
ソーシャルワーカー

記事引用元:Potsford Farm

 

 

 

Language