ZEBとグリーンリース

ZEBの実現を目指すのは、
地球に生を受けた時点で「当たり前」のこと

ZEB(Zero Energy Building)とは、快適な室内環境を実現しながら、その建物で消費する年間の一次エネルギーの収支をゼロにすることを目指した建物のことです。簡単に言うと、エネルギーの生成と消費をプラスマイナスにして0にした設備などを備えた建物のことです。

業務部門(事務所ビル、商業施設などの建物)からのCO2排出量は、2016年度時点で日本全体の約2割を占めています。また、1990年度以降の経済成長(実質GDPが27%増加)に対して、産業部門からのCO2排出量は17%減少したにも関わらず、業務部門からのCO2排出量は66%増と大幅に増加しています。このように、業務部門は他部門に比べ増加が顕著であることから、徹底的な省エネルギーの推進と再生可能エネルギーの活用によるCO2削減が日本にとって喫緊の課題となっています。

さらに、東日本大震災における電力需給の逼迫や北海道胆振東部地震における全域停電、国際情勢の変化によるエネルギー価格の不安定化等を受けて、エネルギー・セキュリティーの観点から、建築物におけるエネルギー的な自立の必要性が強く認識されています。

こうした背景から、2016年5月に閣議決定された地球温暖化対策計画では、業務部門において、CO2排出量を2030年度に2013年度比40%削減する目標が設定されており、その具体的な方策の1つとして「建築物については、2020年までに新築公共建築物等で、2030年までに新築建築物の平均でZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)を実現することを目指す」ことが掲げられています。

こうした観点からZEBを実現した建物を建てることは、地球環境を守ることにもなり、私たちの責務であると考えています。

 

 

地主様と運営者様が協力した、
環境に配慮した建物に対しての
賃貸借契約であるグリーンリースも、
環境を守るためには必要なこと

グリーンリースとは、建物や土地を所有する地主様・オーナー様と建物を借りるテナント・運営者が協働し、建物の省エネなどの環境負荷の低減や執務環境の改善について契約や覚書等によって自主的に取り決め、その取り決め内容を実践することをいいます。

この取組により、地主様・オーナー様とテナント・運営者様双方が光熱費削減等の恩恵を受けるだけでなく、省エネルギーやCO2排出量削減にもつながります。

海外ではすでに法制化していたり、表彰制度が設けられていたり、政府機関が民間ビルを賃借する際にグリーンリースの締結が義務づけられていたりと、すでに取り組みが進んでいますが、日本国内での取り組みはまだ序章段階と言えます。こういった状況の中、私たちは率先してグリーンリースを推奨していき、自然環境を守っていきます。

 

 

私たちがこだわるのは「木造」、木造により
CO2の排出が大幅に削減されます

例えば延床面積2000㎡の建物を鉄筋コンクリート造から木造に変更すると建設時のCO2排出量は600トン削減され、国産木造とすると輸送によるCO2排出量はさらに削減できます。
また、この建物の建設により360トンのCO2が固定され一棟の建物で約1000トンの削減固定となります。
私たちが提案するケアファームは、高齢者住宅におけるZEBがどのような形が望ましいのかを提示し、「木造建築」それも可能な限り「国産」で、CO2削減を現実のものとする、まさに環境問題で社会をリードする高齢者住宅なのです。

 

Language