高齢者住宅

高齢化に伴うケアファームの可能性

画像引用元:“Depden care farm

お寄せいただいた寄稿です。

都心部高齢化問題

少子化に伴う人口の減少が加速する中で都心への人口流出が進んだことで、地方では高齢化による働き手の不足や耕作放棄、空き家の増加などの問題がますます深刻化しています。

この問題は地方に限ったことではありません。都心部でもすでに高齢化に伴う介護施設や人材の不足が大きな社会問題となっています。施設介護、在宅介護、病院などといった医療介護の需要は、今後さらに高まっていきます。

ですが、介護・福祉用の土地や人材の不足の問題があり、このままでは必要な介護を受けられない高齢者が増えていく可能性があります。

ですが、「都心部で介護が受けられないので、地方に行ってください」と言われて、すんなりと地方に行くでしょうか?

 

自然回帰願望

都心暮らしに慣れた高齢者が、突然知り合いもいない地方に行くのには無理があります。地方への移住を考えはしても、住み慣れた場所で死にたいと考える人は多いでしょうし、家族から離れ、知り合いもいない地方に行ってきちんとした介護を受けれるかの保証がないからです。

一方で、地方で暮らしたいという「自然回帰」の願望はコロナウイルス拡大の影響もあり強まっています。「自然の中で命を終えたい」と望む人の数は決して少なくありません。

この問題に対し、ケアファームはひとつの解決になる可能性になると言えます。

ケアファームは地方の余剰地を利用し、都心部の介護サービスや障害者就業支援企業と提携することで人材を得て、建設・運営されます。これにより、都心部から介護士やヘルパーなどの地方への移住が多くなる可能性があります。
また、ケアファームの建設や運営により、介護事業だけでなく、建設業、農業、林業などの雇用も拡大します。人材のニーズや雇用が生まれれば、地元の人間が都心へ向かう事はなくなりますし、高齢者を抱えた家族が皆で地方に移住できる可能性も出てきます。地方が活性化することは高齢者の孤独感を失くすのにも役立ちます。

 

高齢者へのメリット

1. 農業との関わり

ケアファームは高齢者施設に農場を組み込んだものです。
地元市民が協力し、高齢者も参加することができる農業やガーデニングに携わります。自然の中で手を動かすことは、高齢者の心身のケアにつながります。実際に海外のケアファームでは、アルツハイマーなどの病気が改善したという事例も数多くあります。

 

2. 疎外感の防止

ケアファームの一部を市民農園として地元の人々に開放したり施設内でワークショップを行うことで、高齢者と地域住民の間に交流が生まれます。また、地域住民同士の間にも交流を生み出されるので、地域のコミュニティを活性化することにも繋がります。これは、地方に移住してきた人々の疎外感や孤独感をなくすのに役立ちます。
また、ケアファームの運営にあたって農業や建設業、介護事業、林業の雇用が拡大するため、高齢者のいる家族が高齢者と共に地方移住できる可能性も見込まれます。

 

3. 自然と触れ合いながら豊かに生きる

ケアファームでは、自然と触れ合いながら伸び伸びと過ごすことが出来ます。都心部の狭い介護施設で暮らすよりも、豊かな老後を過ごすことが出来ます

 

まとめ

ケアファームは高齢者が心豊かに老後を送ることの出来る施設です。高齢者問題がますます深刻化する中で、ケアファームは高齢者だけでなく介護者や地方活性化にとっても有益な施設になる可能性を秘めています。老後をどう過ごすかと言う問題に直面する中で、ケアファームはひとつの大きな選択肢の一つになると言えるでしょう。

記事引用元:寄稿

コメントする

*
*
* (公開されません)

Language