海外事情

オランダのケアファームの発展と将来性についての考察(2020)

画像引用元:“Depden care farm

過去10年間のオランダのケアファームの変遷(入居者の特徴、ケアファームのタイプ、所得など)を概説した後で、ケアファームの将来性を示しています。筆者らは将来的にはケアファームでの教育活動および都市部におけるケアファームの必要性を訴えています。 個人的には都市農業が都市部の食糧問題を解決する可能性を提案している点が興味深いと感じました。

 

はじめに

オランダではケアファームは多様な発展を見せ、農業生産に注力している農家の他にもケアサービスの提供に注力している農家があります。 その中でもとくにこの記事では都市におけるケアファームの活動を考察します。

都市部でのケアファームでは、土地不足や認知度の低さが問題です。 しかし、オランダの近年の社会的な需要を満たすことができるため、都市部でのケアファームはさらなる発展が見込まれます。

 

オランダのケアファームの特徴

オランダのケアファームは理想的なコミュニティを提供し、農家や地域住民、国の組織、起業家の支援を受けて大きく発展しました。

一般的にケアファームは従来の農業に比べて経済活動の規模は小さいですが、2005年から2016年の間に大きく発展を見せています。
また2005年と2016年のどちらも従来の農園に比べてケアファームでは農家の平均年齢が低いことが分かりました。 さらに正規労働者数は2005年から減少しているものの、従来の農園に比べて多いことが示されています。

このようなケアファームの成長はアムステルダムやロッテルダム、ユトレヒトなどの都市周辺の人口密度が高い地域で観察されました。

 

都市部のケアファームの将来性

ケアファームの潜在的な参加者は人口密度の高い都市部に存在します。 したがって都市部のケアファームでは農業と社会福祉の機能を都市型の生活と結びつけることが重要です。

都市部でケアファームは興味深い発展を見せています。 なぜなら都市部のケアファームはその地域の食糧生産に都市市民をまきこみ、都市部の食糧不足を目の当たりにさせるからです。
このような背景を受けて都市農業に参入する法人や企業の数は急速に増加しています。

都市では交通費が高く、医療サービスのコストが増加しているため、自治体は参加者に自分たちの住んでいる場所に近い社会福祉サービスを探すように呼びかけています。 ケアファームは農村部にあることが多いですが、潜在的な参加者の大多数は都市に住んでいます。
需要と供給の不一致に対する簡単な解決策が、都市農場やコミュニティガーデンなどの都市部のケアファームの存在なのです。

 

まとめ

ケアファームはオランダで急速に成長している多機能農業です。 ケアファームの認知度の高まりにつれて、ヘルスケアの分野から参入する企業や法人、個人が増えました。

現在オランダでは、ケアファームは社会福祉に貢献するコミュニティ指向の起業家サービスとして認識されています。 ケアファームは多機能農業を展開し、農家の代替収入源となることで社会課題の解決に貢献しているからです。

近年、研究者や政治家、起業家が都市農業のための全国ネットワークの運用を開始しました。

彼らはケアファームの発展が、社会福祉や地域の問題解決につながるという見方をしています。
都市部でのケアファームは持続可能で緑豊かな都市の創設、そして人々の発展と幸福を支えるでしょう。

記事引用元:MDPI

コメントする

*
*
* (公開されません)

Language